上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リリカルだるい日記

主にリリカルなのはの二次創作を書いてます
当ブログは【リリカルなのはCRUSADERS】を心から応援しています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

小ネタ 『夏は風邪になりやすい』

あるチャットで即興で書いてみました

相変わらずなのはが暴走しちゃってますけど、許してくださいね(ぇ


もうリアルが忙しくて折れそうです・・・・・ってもう折れてますけど

とりあえずやるだけやろうと思っている!(ぉ


追記より小ネタです
『夏は風邪になりやすい』


「あれ?なんだろう」
私はデスクワーク中にある違和感を感じた。

いまここには私とフェイトちゃんしかいない

フェイトちゃんは淡々と画面に向き合って、凛々しい顔で仕事している。

う~ん、かっこいいなぁ


「気のせいかな」
私はこのとき特に気にすることなく再び画面に向き合った。

部屋の中はクーラーが効いていてとても涼しい

季節はもう夏だから窓からの日が眩しい


「はぁ・・・・」
「?」
とても、聞き取りにくい声が突然聞こえた。

とてもけだるそうな声

私が言ってないということは、もちろんもう一人のほうなわけで


椅子から立ち上がって、彼女に近づいた。


「フェイトちゃん」
「!?・・・・ど、どうしたの?なのは」
私はフェイトちゃんが一瞬だるそうな顔をしたのを見逃さなかった。

もしかして・・・・疲れてる?

フェイトちゃんをよく観察してみる。


「な、なのは・・・・そんなに見られると恥ずかしいよ・・・」
「ちょっと黙ってて」
フェイトちゃんが顔を赤くするけど、私はそれを違う意味に感じた。

ちょっと熱っぽいかな・・・・夏風邪かな

フェイトちゃんの手に触れて、いつもより熱く感じた。


「フェイトちゃん」
「な、なにかな」
「熱、あるでしょ?」
「えっと・・・」
「隠してもダメ、私にはごまかしきれないよ」
私がそういうとフェイトちゃんは観念したように困った顔になった。

「ごめん、でも仕事しないとダメだし」
「ダーメ、病人はちゃんと部屋で寝てなきゃだめだよ」
「でも」
「でもなんて聞かない」
私の言葉にフェイトちゃんはもう反論してこなかった。

私的にはフェイトちゃんには無理してほしくない

具合悪いなら具合悪いっていってほしかった

ちょっとむかついちゃったよ・・・・・フェイトちゃん♪


私ははやてちゃんに通信を入れて、フェイトちゃんを休ませることにした。

「仕事はシグナムとヴィータにやってもらうから、なのはちゃんはフェイトちゃんの看病してな」
「うん、わかった」
はやてちゃんはよく私のことをわかっている。







「フェイトちゃん」
「あー・・・うん」
体があまり言うこときかないのか、さっきからぼーっとしている。

制服も着替えていない


「フェイトちゃん着替えないと」
「あーうん・・・」
私がそういってもフェイトちゃんは中途半端に動いて制服がはだけている。

ちょっ・・・・これは・・・・

鼻にくる熱いものをぐっと耐えた。

よく頑張った・・・・私


「フェイトちゃん、ちゃんと着替えようね?」
「うん・・・」
フェイトちゃんはそう答えるけど、再び中途半端に着替えたおかげで下着が見えた。

ぶっ・・・・・あ、あぶなかった・・・・

今度は本気で出るかと思った。


「だからねフェイトちゃん、ちゃんと」
「んー・・・なのはが着替えさせて」
「え・・・・えええええええええ」
私は困惑した。

そりゃ下着が見えるくらいはだけている大好きな人の体を着替えさせるなんて・・・・

ごくっ・・・・あ、喉が鳴っちゃった。

お、襲いたいけどフェイトちゃんは風邪だし・・・・


「なのはぁ、はやくぅ」
「ああああああ」
フェイトちゃんが風邪の影響なのか、甘えるように擦り寄ってくる。

もちろん服ははだけているからフェイトちゃんの胸が直接触れるわけで・・・・

も、もうダメ


「なのはぁ」
フェイトちゃんの甘えた声に私の理性はプッツンした。

もういいよね?フェイトちゃんのせいなんだから


「フェイトちゃん!!」
「ぁ」
襲っちゃいました。

これもフェイトちゃんのせいだよ!



~おまけ~
「あんな」
「ご、ごめん」
「風邪引いている人を襲うってどういうことやねん」
「ごめんなさい」
「なのは隊長には我慢ってものがないんか?え?」
「で、でもちょっとは耐え」
「最終的に襲っちゃったんやろ?」
「うぅ・・・」
「はぁ・・・・プライベートに首は突っ込みたくないんやけど、仕事に響かない程度に頼むで」
「ごめんなさい」
「じゃあフェイトちゃんのところいってきいや」
「う、うん」

フェイトちゃんは腰の痛みと熱で部屋に寝込んでいる。

ごめんね、フェイトちゃん


~おしまい~


【あとがき】
短時間で書いたので拙い文ですけど、相変わらずなのはが暴走していますw
ネタくれたのはあの方ですよ!皆さん知っているあの方!(誰だ
スポンサーサイト
リリカルなのは小ネタ | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<死ぬかと | HOME | まt(ry>>

この記事のコメント

 なのはさん自重してください(満面の笑顔
 ですが、それも良い(どっちだよ
 まぁ、フェイトさんにはご愁傷様としか言い様がないですけど……それはまぁ、ある意味運命だと割り切ってもらうしか。
 これからも頑張ってください。応援しています。
2008-06-26 Thu 11:52 | URL | まぎゅなむ #-[ 編集]
でも仕方ないんだと思いますね(W)
だって相手はフェイトさんなんですから(W)
我慢にだって限界はありますし(かなり沸点低いと思われry)
でもこれでこそのなのフェイだと思います♪
えぇ、逆にもっとやっても良いよ? なのはさん(マテ
とってもテイスティでした(^0^)
次も頑張ってくださいね♪
ではでは
2008-06-26 Thu 16:40 | URL | うにゃ!! #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-06-26 Thu 19:23 | | #[ 編集]
更新乙です。
なのはさんはこうでないとダメですよね~。
むしろ、そこまで耐えたことに敬意を表したいです。

慣れない大学生活大変でしょうけど、頑張って下さい。どんな系統の勉強か分からないけど、きっと役に立つはずですよ?

今後も頑張って下さい。
2008-06-26 Thu 20:39 | URL | emin #-[ 編集]
普段はカッコイイフェイトさんとのギャップにやられてしまったんでしょうかw
なのはさんがこのまま看病し続けたら、フェイトさんの治り具合が必ず遅くなると思いますw
読んでてとても面白かったです^^
次回作も期待してますよ~
2008-06-26 Thu 22:07 | URL | 水面の月 #GCA3nAmE[ 編集]
なんか最近ご無沙汰ですみません…漆風です。

まぁ、そんなことはどうでm(ry フェイトさんの普段とのギャップが可愛かった。うん、そう思っちゃうのは漆風だけではないはz(SLB

うん、なのはさんはそのまま自重しないでフェイトさんを襲ってればいいと思うんだ。

…というわけでSSご馳走様でした。
2008-06-26 Thu 23:12 | URL | 漆風 #-[ 編集]
>まぎゅなむさん
自重?・・・ははは、なのはさんがそんなこと聞くわけないじゃないですか、ははは(空笑い
いいですよね!(なんだお前
むしろなのは的には具合が悪いと言わないフェイトが悪いと言い張ってしまってますがw
ありです><

>うにゅ・・・・じゃなかった うにゃさん
うん!仕方ないと思いますよね!
恋には盲目といいますし!(関係ない
なのは的にはめっちゃ我慢したんだと思いますよ!(それでも沸点ひくry
もっとやっちゃったら我慢なんて必要なくなっちゃいますよw
特になのはには忍耐があるようでないですしw
有難う御座います!

>うみホタルさん
きっとはやてやアリサやすずかでも無理だと思いますよねw
なのはでしかできないことなんでしょう(愛的な意味で
ですよね!!
耐えたといっても実際1分も耐えてないなのはさんw

>eminさん
こうじゃないとだめですよね!!
いつもならコンマ1秒で襲っちゃうなのはが30秒くらい耐えられただけすごいことですよね!(マテ

有難う御座います!実はそういう応援が地味に心に染みます(´;ω;`)

がんばりまっす!

>水面の月さん
ギャップの激しさもあるんでしょうけど、やっぱりなのはから見たフェイトはあまりに麻薬すぎるんでしょう(意味不明
看病しているのに襲いたい衝動を我慢しているなのはは途中で我慢ができなくなり、悪化して以下ループみたいなことになってしまったら・・・・(ねーよ
有難う御座います!

>漆風さん
おや、久しぶりですね!!
いえいえw コメントくれるだけで嬉しいですよー
ちょwwどうでもよくない、どうでもよくないw
うん、きっとみんな思ってます(ry
襲ってしまうとはやて的には困っちゃうん・・・・・あ、このバカップルには関係ないことでしたw
いえいえー
2008-06-27 Fri 22:44 | URL | sirosumi #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。